• マイクロ・スペイのお勧め

    マイクロ・スペイのお勧め

    エアフロ、Loopなどからポリリーダーなるものが販売されていますよね。 あれをシューティングヘッドとして使用し、1番以下の超定番手ロッドでシングルハンドスペイとロングディスタンスキャストを行う事ができます。市販価格で10

  • Zacco #1 7’9” 相模川水系のハス

    Zacco #1 7’9” 相模川水系のハス

      今年の夏は変な夏でしたね。 5月ごろにはすでに真夏のような日が続き、8月の中ごろにはあっけなく終わってしまいました。 ハス&オイカワも例年10月半ばまでは楽しめるはずが夏と一緒にどこかへ去ってしまったようで

  • カスタム9’6” 5pc #7  多摩川のコイ

    カスタム9’6” 5pc #7 多摩川のコイ

    梅雨時期のコイはアグレッシブにフライを追い食いすることがあります。 普段はあまり狙うことが無い魚ですが、この時期の7番ロッドをバットから曲げてくるパワーと重さはなかなかのもの!

  • BH763-4 ギルと戯れる

    BH763-4 ギルと戯れる

    Blue Heron 763-4 7’6” #3 4pc この場所をご存知の方も多いのではないでしょうか? キャスティングの様子と15cm程度のギルが掛かった際の曲がり具合をご覧ください。

  • Astrud #0 7Xティペットでコイ

    Astrud #0 7Xティペットでコイ

    フライロッド 0番に7Xティペット フライは20番ソフトハックル、この状態で60cm級のコイがヒット! コイはフルライン+10mほどを疾走、ブロック帯に突進してティペットを切りました。 7Xって案外強いものですね。

  • Zacco 7’3” #1

    Zacco 7’3” #1

    Zacco 7’3” #1 を使った釣りの様子です。 キャスティングのテンポ感、飛距離、ロッドの曲がり具合などご覧下さい。

  • Eliane Swith4 11ft #4/5 を使ったスペイキャスト

    Eliane Swith4 11ft #4/5 を使ったスペイキャスト

    一振りでこれだけ飛ばせれば十分ですね! (エキスパートのWさんにご協力いただきました)

  • Zacco 1wt を使ったシングルハンドスペイ

    Zacco 1wt を使ったシングルハンドスペイ

      ソフトハックルやニンフを使っての釣り下がりがメインの場合、 シングルハンドのスペイキャストも有効です。 動作に無駄がなく、後方の草などバックキャスト時の障害を気にする必要もありません。

バスギル用にグラスの7’7” 5番 作ってみました

5月 3, 2017 No Comments

エピックのパックライトを自分も欲しいと思ったのだが日本の代理店価格では高くて手が出ないので似たようなモノを作ってみた(笑) Epoch Packlitte (エポック パクリッテ)と命名して似たようなロゴを貼ってやろうと […]

readmore 作業日記 Rod making

Goby Special 4’7” #1-2 3pc

8月 28, 2016 No Comments

全長わずか4’7”のこのロッド、もともとはヌマチチブとサイトフイッシングで遊ぶために作られたのですが・・・・ コレが意外や小渓流や藪沢、小川での雑魚FFにおもしろいと大好評。 せっかくなので当サイ […]

readmore NEWS, 作業日記 Rod making

New Model ‘ GlassGeek Swell ‘

8月 27, 2016 No Comments

New model  ‘ GlassGeek Swell ‘ ただいま準備中です。 まずは4pcの3種類を予定しています。 7′- 7’3” – 7 […]

readmore NEWS, 作業日記 Rod making

ニッケルシルバー金具とGlassGeek 4’6” 1pc

8月 14, 2016 No Comments

ニッケルシルバーをピカピカに磨くのはなかなか難しい。。。 どうせすぐに曇るんだし傷もつくんだから別にイイじゃん~とも思うんだけど、やはり梱包を開けてはじめて手にしたときにピカピカで綺麗だなぁと悦に入る満足感は重要で無視で […]

readmore 作業日記 Rod making

11’6” 0-1番 シングルハンド

8月 13, 2016 No Comments

次なるお題に着手。 11’6”で0-1番のシングルハンド お話を覗うとようするにライン長が調節可能のテンカラをやりたい、との事。 いままではどこかの2番12ft?のスイッチロッドでリアグリップを握 […]

readmore 作業日記 Rod making

Amanda 8’1” #2/3 4pc

7月 4, 2016 No Comments

Amandaシリーズに8’1”の2/3番を追加しました。 キャストのスタイルにもよりますがオススメはWF3です。 ホールを効かせながらゆっくり振れば気持ちよくループが延びていきます。 ややファスト […]

readmore NEWS, 作業日記 Rod making

Epic Packlite 476 5pc

4月 9, 2016 No Comments

Epic Packlite なかなか好評です。 振りぬけの良いファーストアクション、機内持ち込み可能な5pcでいろいろ使い道があるかと思います。 ライトソルト用途にオーダーされた方もいらっしゃいましたが河口のメッキやコト […]

readmore NEWS, 作業日記 Rod making

Zacco ST 好評です

12月 12, 2015 No Comments

  スタンダードな7’前後の物からちょっと特殊な8’10”まで、このところZaccoSTの製作が続いております。   4pcで作った場合ティップはソリッド、他はチュ […]

readmore 作業日記 Rod making

超低番手シリーズにNEWモデル追加します

11月 23, 2015 No Comments

OrvisのSuperfineシリーズ低番手をさらに繊細にしたようなロッドを作れないかと以前から思っていました。 Superfineシリーズには1番とかがあったわけですが実際のところ1番ラインではよほど長く出さないとノリ […]

readmore NEWS, Rods

折れてしまったセクションの補修

11月 8, 2015 No Comments

今回は折れてしまったセクションの補修です。 ひとくちに「折れた」と言ってもいろんな折れ方がありますね。 1 パキンときれいに断面がわかる折れ方 > ファイト中の過負荷、ブランクの不良などで起こります 2 短冊状にバラケて […]

readmore 作業日記 Rod making

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ

ZaccoFryFishingへの道 

『なぜZaccoFlyFishingに傾倒したのか?』 http://mattoutouseyo.blog.fc2.com/blog-entry-155.html   当BlueHeronには何かとご協力いただ

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、