Archive for Fresh Water

中通しボディーのポッパー

中通しボディーのポッパー

4月 23, 2018 No Comments

数年前から大型のストリーマーやポッパーには中通し方式を使っています。 フックとボディーを別々にすることで組み合わせのバリエーションが広がるし、収納もかさ張らずフライボックスも不要で何かと便利です。ボディーは100キンで売 […]

ZaccoFFマニアの方から2017年のマトメ動画

ZaccoFFマニアの方から2017年のマトメ動画

12月 25, 2017 No Comments

  オイカワ、カワムツなどの雑魚FFで世代も職種も超えて沢山の人と人が繋がり、和気あいあいと釣りを楽しんでいただけている、それはとても素晴らしい事だし、そこに共通項としてBlueHeronのロッドが有ることを嬉 […]

ニゴラー宣言

ニゴラー宣言

6月 9, 2017 No Comments

これまでそれほどマジメに狙ってみようとは思わなかった魚なのだけど、初夏~秋ぐらいの間に中流域や湖沼のシャローに出てくるニゴイはわざわざ狙って釣るに値する面白いゲームフイッシュだという事に気づきました。 なんで今までやらな […]

2017 日本釣行ご案内

2017 日本釣行ご案内

4月 22, 2017 No Comments

17-20の4日間 台湾からの客人3名をご案内しました。 天候が心配でしたがむしろ暑かったぐらいのお天気となり、魚もよく釣れて楽しんでいただけたようです。 18日にははじめてのFishUp秋川湖へ行き、和部さんにも参加し […]

Superfine #3 釣行インプレ

Superfine #3 釣行インプレ

1月 7, 2017 No Comments

http://windknot.naturum.ne.jp/e2854114.html もうかれこれ何年前からお世話になっているでしょうか、BlueHeronのかなり初期からロッドを使っていただいているWindknotさ […]

日本でのフライフイッシング

日本でのフライフイッシング

11月 28, 2016 No Comments

昨年、本年と来日頂いた台湾のお客様が釣行の画像を動画にまとめてUPしてくれました。 養沢、秩父浦山川、秋川、うらたんへご案内し、一日釣りを堪能したあとには八王寺左入町の上州屋さんに立ち寄るのがお約束のコースとなっています […]

台湾のフライフイッシング

台湾のフライフイッシング

9月 19, 2016 No Comments

台湾の釣友たちがステキな動画を作っています。 ぜひご覧頂き、チャンネル登録、イイネ!を宜しくお願いいたします! 使っていただいているロッドはBlueHeronのZaccoST、グラスのショートロッドが多いようですね。 ご […]

8/22-25 熊本釣行でテラピアに癒される

8/22-25 熊本釣行でテラピアに癒される

9月 3, 2016 No Comments

今回はなかなかスリリングでした。 ナニが一番スリリングかって行きの飛行機に間に合うのかどうか?間に合ったところで飛ぶのかどうか?マジでヒヤヒヤしました。 22日 朝8時過ぎには熊本到着。 ホテルに荷物を預け簡単な装備で江 […]

6/3 ハス&オイカワ

6/3 ハス&オイカワ

6月 4, 2016 No Comments

今年は水温が4度ほども低く、気温が高いわりに水中の季節は少し進行が遅れているようです。 オイカワは例年に比べたらまだまだぜんぜんダメ、ハスは最盛期のアグレッシブさはなくマス類の釣りみたいにポイントを絞ってやや神経質なアプ […]

ポリリーダーを使ったマイクロ・スペイ・システム

ポリリーダーを使ったマイクロ・スペイ・システム

5月 15, 2016 No Comments

フローティングのポリリーダー14ft 約3gの重さです。 これをSAの0.22など細いフローティング・ランニングラインにつないでヘッドとして0~1番ロッドで使います。 やや長め(9~9ftぐらい)の0-1番ロッドと組み合 […]

Page 1 of 512345»

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ