ブルーヘロン カスタムロッド

山梨 日川 Blue Heron “Feather” 8′ 5pc テスト

5月 14, 2011 //

八王子インターから1時間半程度の距離にあるにもかかわらず意外と山深く標高1400mもの高さを流れる日川。
甲州街道を横切り笹子川に合流して大月で桂川と合流してやがて相模川となり・・・とずっと思い込んでいたのだが実はこの川、笛吹川に合流し富士川となって駿河湾に注ぐのでした。
なのでヤマメではなくアマゴの川ということになります。今回は写真をとる前に手元から逃げてしまいましたが実際にきれいな朱点のアマゴもヒットしました。

実はワタクシ、もうかれこれ7年ぐらいはまともな山岳渓流に行っていなかったのです。
久々に行ってロッドを振り始めたらキャストしては葦に引っ掛けアワセ損なっては枝に引っ掛け、岩を登ったり降りたりもそこそこキツくて大変なわりにはさっぱり魚は出ない。
すぐにぐったりしてしまったのですが少し上流の方へ移動してからはポツポツとフライへのアタックもあり、そうなると不思議な事に次、次、とピンポイントを打ちながらいつの間にやら夢中になっていたのか、そうなると集中力も増し、なんとなく勘を取り戻せた気がしました。
フライを始めた頃の自分に有った瑞々しいモチベーションって言うんですか?そういう心のネジみたいなものが久しぶりに巻かれたような気分です。

この日は作りたての8’ 5pc 2番をテストしました。こういった狭くて動作に制限のある渓流では小さな動きでしっかりアクションしてループを展開できるロッドが使いやすいですね。特に自分はこの頃ドライをあまりやらずダウンクロスで釣り下がるばかりなのでこの種のロッドが扱いやすいです。

姿のきれいなイワナがぽつぽつと釣れましたがGW後で餌釣り師に持っていかれたのかサイズは今ひとつでしたが水質の良い川での釣りはやはり気分も良いですね。
また機会があったら行ってみたい川です。

Fishin'Log, Fresh Water, Trout

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、