2~3月 トロピカルFFデビューのススメ

1月 2, 2015 //

あ”~寒いですね!
一年で一番南の島に逃げたくなる時期です。

しかし正月近辺は裕福な方々のフトコロに合わせてお高くなってしまうし4月頃になると学生旅行で混雑する、それを過ぎるとグアムあたりは雨季に入って連日常にTシャツが貼り付いたセクスィーな姿で釣りをするハメになる。。。いろいろ考えるとやっぱり2~3月は空いてて安くて雨も降らなくてよい時期なのです。
自分の場合は特に大物指向もなく、お手軽で気ままな釣りが好きなのでボートとかガイドとかは必要ありません。広くて浅い海をザブサブ歩き回りながらせいぜい40cmぐらいまでのヒラアジ類、フエフキ類、ハタ類を釣って楽しみます。

DSC_0187hdr

グアムあたりは近いし安いツアーも多いし、訪れる観光客も多い、その中にはフライをやってる人、フライをやってみたいかな?と思ってる人も多いはず。
家族旅行に付き合わされて来たものの、こんなキレイな海を目の当たりにしながら指をくわえてるお父さんも結構いるのでは・・?

せっかく南の島まで行ってもどうせ家族は10時過ぎまで寝てるんですからお父さんだけ早起きしてホテル前のビーチで夜明けからロッドを振ってみてはいかがでしょう? 4~5時間は釣りに没頭できるはずです。グアムでしたらホテル前のビーチ、特にヒルトン寄りの岩礁帯が絡むエリアは絶好の釣りポイントです。釣りの為にレンタカーを借りる必要もありません。

海フライというと何かと大掛かりなイメージでしたが、実は渓流の神経質なフライに比べたらぜんぜんお手軽でコンパクトです。9ft 6~8番程度のパックロッドとそれに合うリール、クレージーチャーリー中心のフライがあればOK。 30m以上もキャストして両手で高速リトリーブ、またキャスト・・・なんて事もありません。普通のキャスティングスキルがあれば湖と同じようなアプローチでいろんな魚が釣れてきます。

海のフライに興味はあるがどこから手をつけていいのかわからない、という方々、グアムサイパン沖縄など近場の南の海へ旅行する時が絶好のデビューチャンスです。大袈裟な装備は必要ありません。海水浴客のいないところへ行って#6ぐらいのチャーリーを引っ張ってみてください。

BlueHeronではトロピカルFFデビューを目論む皆さんのご質問ご相談に応じております。
コンパクトなマルチピースSwitchRod、高番手マルチピースの9’ロッドが1本あれば南の島への旅もより充実しますよ。

 

Fishin'Log, Kind of thougts, Salt Water

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ