超低番手シリーズにNEWモデル追加します

11月 23, 2015 //

OrvisのSuperfineシリーズ低番手をさらに繊細にしたようなロッドを作れないかと以前から思っていました。
Superfineシリーズには1番とかがあったわけですが実際のところ1番ラインではよほど長く出さないとノリが悪く、1番ロッドというイメージよりややパワーもあって自分の場合は結局3番として使っていました。

そこで、あの「胴に乗る」ややゆったりしたアクションで近距離でも0番1番というラインの「ノリ」を感じられるようなブランクを用意してみました。
基本2pcですが4pc~も製作可能。
フェルールはあのちょっと無骨なOrvisスタイルです。
小渓流の溪魚からオイカワ~ギルまでスリリングに楽しめそうです。

2015-07-30 14.07.59

試作品が出来たらまたご案内いたします。
某大手メーカーのオイカワロッドはヤマメにちょうど良いな、と思った方。
オイカワにちょうど良いのはこちらかも知れません。
でもアベレージサイズの溪魚をこのロッドで狙えばスリリングかつ細いティペットでも竿を弓なりにして楽しむ事が出来るでしょう。

予定価格は標準仕様(2pc ノーマルグレードのコルク アルミ金具 ロッドバッグ付属)で26700円

3pc 28000円 4pc 30400円 ウッドスペーサー +2800円 ニッケルシルバー金具 +2500円

NEWS, Rods, Shop, 作業日記 Rod making

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ

ZaccoFryFishingへの道 

『なぜZaccoFlyFishingに傾倒したのか?』 http://mattoutouseyo.blog.fc2.com/blog-entry-155.html   当BlueHeronには何かとご協力いただ

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、