Barrio フライライン 試してみました

6月 29, 2016 //

先日お試しで仕入れてみたBarrioのWF1Fライン。

Zacco 7’9” #1で試してみたところすこぶる良い感触でした。

まずラインの「ノリ」が良い、スルスルとまっすぐ延びきる投射性の良さ。
まるで3番ラインをキャストしているようなしっかりしたパワー伝達性能。
これまでいろいろな1番ラインを試してきましたがおそらく今までのはどれも似たり寄ったりだったのでしょう。

その中でもOrvisが販売していたものは使いやすかったのですがいかんせん手に入りにくい、SAのものはアレは日本独自のものなのかやたら値段が高い(9000~前後)
手に入りにくい上に値段が高いからユーザーはわけのワカラナイ激安チャイナ製ラインを買って、

「なんだかきちんとターンしないし飛ばないなぁ、まぁでも1番なんてこんなものかな・・・」
「飛ばねぇ!しかもヨレまくるしこれってロッドがダメなんじゃないの?もうフライやめる!!」

なんて事になってしまう。。。

やはりきちんとしたものを使っていただきたいものです。
キャストフィーリングは抜きん出て良好、価格はSAの半分・・・・
そうなったらもう変な安物ラインとかやたらお高い大手の製品と比較する理由はありません。
正直に言ってSAのDWFよりずっと使いやすいと感じました。
となるともう迷う理由はないでしょう。

Barrioでも1番ラインは品薄で在庫切れになっていることが多いですが当店ではなるべく切らさないように在庫確保していく予定です。

Barrio Line こちらにショッピングカートをご用意いたしました。

モノによってはお取り寄せになることもありますがだいたい10日ぐらいで届きます。

barrio-fly-lines-15

NEWS

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ

ZaccoFryFishingへの道 

『なぜZaccoFlyFishingに傾倒したのか?』 http://mattoutouseyo.blog.fc2.com/blog-entry-155.html   当BlueHeronには何かとご協力いただ

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、