ニッケルシルバー金具とGlassGeek 4’6” 1pc

8月 14, 2016 //

ニッケルシルバーをピカピカに磨くのはなかなか難しい。。。
どうせすぐに曇るんだし傷もつくんだから別にイイじゃん~とも思うんだけど、やはり梱包を開けてはじめて手にしたときにピカピカで綺麗だなぁと悦に入る満足感は重要で無視できません。

2016-08-14 09.00.07

2016-08-14 09.00.22

KAI印の軽量スプーン、エポキシの計量に便利です。。
水性マジックで目盛りのところを一旦塗って拭き取ると使いやすいです。

ところで画像に映りこんでいる白いグラスのロッド、なんと4’6”1pc 0-1番というマニアックなオーダーですよ。
30~40grのヘッドを使ってシングルハンドスペイでお使いになるそうです。
なるほどそれは面白そう。
当方も1番ロッドに16ft(ポリリーダー14ft+6番ラインのボディを2m)でシングルハンドスペイに使っていますがソフトハックルでダウンクロスがメインという事もあってなかなか快適です。

興味のある方はラインシステムも含めてご相談になりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

作業日記 Rod making

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ

ZaccoFryFishingへの道 

『なぜZaccoFlyFishingに傾倒したのか?』 http://mattoutouseyo.blog.fc2.com/blog-entry-155.html   当BlueHeronには何かとご協力いただ