Goby Special 4’7” #1-2 3pc

8月 28, 2016 //

gobyjpg

全長わずか4’7”のこのロッド、もともとはヌマチチブとサイトフイッシングで遊ぶために作られたのですが・・・・

コレが意外や小渓流や藪沢、小川での雑魚FFにおもしろいと大好評。

せっかくなので当サイトでも販売してみる事にしました。

画像は余り物の材料で作ったものたちで1本ずつ全く違うものですが販売用のものはグラファイト製の3pcになります。

通常の1~2番ラインでお使いいただけますが面白いのは10~14ftのポリリーダーをSTヘッドとして使うシステムです。

ポリリーダーをヘッドとして細いランニングラインに接続し、ポリリーダーの先には通常のテーパードリーダーを接続します。これをバックキャスト1回でシュートするというわけです。

* SA ブレイデッドマルチコア等の細いフローティングランニングライン(0.022)推奨です。
*ブレイドラインを使ってポリリーダーとランニングを接続したラインシステムもお作りしますのでロッドと併せてご検討ください。

これまでのフライキャスティングとは少し勝手が違いますが慣れれば10~15mぐらいの距離をカバーできますし、なによりもロッドを含めたシステムの軽快さで魚とのやり取りがいっそう楽しくなります。
■ 1pc~4pc 4’6”~5’0”の間で継数・長さのご指定も可能です

価格は1~3pc 14600円 4pc 15800円 ロッドバッグ付属です。
ご注文、お問い合わせはこちらから。

 





 

NEWS, 作業日記 Rod making

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ

ZaccoFryFishingへの道 

『なぜZaccoFlyFishingに傾倒したのか?』 http://mattoutouseyo.blog.fc2.com/blog-entry-155.html   当BlueHeronには何かとご協力いただ

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、