ブルーヘロン カスタムロッド

Patagonia Atom Sling bag

5月 8, 2019 //

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。

最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、カメラにこだわる人とかランチからノートPCまで持ち歩く人には大きめのほうがいいのかもしれませんね。

YouTube Preview Image YouTube Preview Image

コレ実に良く出来ていていかにも使いやすそうですよ。

カユイところに手が届くというか、至れり尽くせりなカンジです。

まず見た目にもアイキャッチポイントとなる成型フォーム部分、ここにはティペット、リーダーなどフライ交換に関連する小物が全部一ヶ所に収まります。フライはここティペットはアッチ、クリッパーはどこだっけ、みたいな事にならないのがイイです。



PVC製のファスナー付き防水バッグが格納されており、雨や転倒による水没などからカメラなどの機材を護ってくれます。スマホはバッグの中に入れたままでも操作が可能です。
メインコンパートメントの他にスマホなんかを「スルっと放り込んでおける」間口の薄いポケットがあり、そこはファスナーを閉じていなくても勝手に中身が出ない(ココ重要!)程度の狭さと角度になっています。

フォーム成型された前面ボックスはバッグを前に回すとちょうど水平になる角度で付いており開くとテーブル状になる。 付属のフォームを使うのもいいけど自分はMorellのボックスにベルクロをくっつけて使おうと思っています。

 


Tags: Recommend

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、