日本でのフライフイッシング

11月 28, 2016 //

昨年、本年と来日頂いた台湾のお客様が釣行の画像を動画にまとめてUPしてくれました。

養沢、秩父浦山川、秋川、うらたんへご案内し、一日釣りを堪能したあとには八王寺左入町の上州屋さんに立ち寄るのがお約束のコースとなっています。
台湾にはフライ用品を扱うお店がまだ多くないため、上州屋さんでの買い物は毎回喜んでいただけているようです。
立川~八王子あたりを起点とした釣行ルートは実に無駄が無く、どこへ行くにも1時間ちょっとで到着、おもてなしにふさわしい飲食店も経路に多く点在するため、いろんな意味でゲストをがっかりさせません。
せっかく飛行機に乗って来て下さる訳ですから十二分に楽しんでいただきたいですよね。
近隣アジア圏からのビジターは今後増えていくと思いますので、より無理なく確実に楽しんでいただくためにもコースの工夫と情報収集を重ねていきたいものです。

Fishin'Log, Fresh Water

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ

ZaccoFryFishingへの道 

『なぜZaccoFlyFishingに傾倒したのか?』 http://mattoutouseyo.blog.fc2.com/blog-entry-155.html   当BlueHeronには何かとご協力いただ

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、