GlassGeek build by GrayWolf Products

2月 18, 2017 //

GrayWolfFlyrodとのコラボで美しいロッドが仕上がりました。

当方もそれなりに丁寧に作ってはいますが自分自身が実質主義というかビンボ性なのかあまりゴージャスで繊細な仕上げはやらなかったりします(その分お安くしたほうが喜ばれるのでは・・・という考え)

しかしこのようなステキな仕上がりを見てしまうとやっぱりコレはコレでよい物ですね~
せっかく買うんなら思わず見とれてしまうような美しいものを・・・という気持ちもわかります。

ところでこのGrayWolf仕上げのロッド、さぞかし高額になるんだろうなぁ・・・とビビリながら価格を尋ねてみたらこの画像の仕様でロッドチューブ・ソック付属、送料など合わせても85000円ぐらいとのこと(1$=¥120)

カスタムビルドのお取次ぎもしますのでご興味ある方はぜひお問い合わせを。

某量販メーカーのグラスロッドに10万出すんなら僕はコッチのほうがいいですねぇ(^_^;)

FiberGlass, Rods, Shop

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ

ZaccoFryFishingへの道 

『なぜZaccoFlyFishingに傾倒したのか?』 http://mattoutouseyo.blog.fc2.com/blog-entry-155.html   当BlueHeronには何かとご協力いただ

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、