バスギル用にグラスの7’7” 5番 作ってみました

5月 3, 2017 //

エピックのパックライトを自分も欲しいと思ったのだが日本の代理店価格では高くて手が出ないので似たようなモノを作ってみた(笑)

Epoch Packlitte (エポック パクリッテ)と命名して似たようなロゴを貼ってやろうとしていたんだけど一応オトナなのでそこは我慢してWarm Water Special としました。

 


5番ラインでなかなかいいカンジ。

今年こそフローターで浮いてこのロッドでデカギルを釣りたい!
あとバスも案外5番でキャストできる程度のフライでそこそこのサイズ釣れます。

タックルがヘビーすぎるとアベレージサイズがつまんないんですよね・・・・

 

GlassGeekのブランクストックからこのようなロッドを製作することも可能です。

ぜひお問い合わせを!

作業日記 Rod making

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ

ZaccoFryFishingへの道 

『なぜZaccoFlyFishingに傾倒したのか?』 http://mattoutouseyo.blog.fc2.com/blog-entry-155.html   当BlueHeronには何かとご協力いただ

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、