グアムでフローター

5月 31, 2017 //

今回のグアム釣行、かなりの部分でフローターを活用しました。
これはフローターで沖に出て深場を狙おうとかいう事ではありません。
大きな理由としてはまず安全、枝サンゴを踏まずにすむ、カメラ2台、スマホと十分な飲み物やらランチやらタックル類を全部積んでおけるので身軽、が挙げられます。

半身を水上に出して進めると言うだけでもライフジャケットよりかなり安全です。そもそも足の付かないような深いところへは行きません。せいぜいヘソまでの水深なのですがそれでも足探りで歩き回るよりはずっと安全で安定しています。透明度が高くきれいな海は見た目に深さの違いがよくわかりません。とつぜんストンと落ちる事もあるわけです。

また枝サンゴはとてももろいので絶対に踏む気にはなれません。サンゴを傷つけずに動き回るにはやはり歩かない事が一番だと思うのです。

沖の浅瀬に辿り着いたらフローターを降りて歩き回ってもいいし、足の着く場所なら足に通したまま立てばいいわけです。万が一高い波が来てもそのまま自動的に浮くわけですから安全ですよね。

た だ し 絶対にリーフエッジの外に出ない事、外につながるスリットには近づかない事!
特に満潮から干潮に向かう時はキケンです。

満ち始めたかな?と感じたらまずは岸に向かいましょう!

 

video

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ

ZaccoFryFishingへの道 

『なぜZaccoFlyFishingに傾倒したのか?』 http://mattoutouseyo.blog.fc2.com/blog-entry-155.html   当BlueHeronには何かとご協力いただ

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、