今年のバスFFに向けてロッドいかがですか?

5月 15, 2018 //

古いラミグラスとカプラスのロッドを入手しました。
9’の7~8番クラス 2pcです。

これをこのままきれいに化粧直ししても良いのですがバス用にリメイクするのもいいんじゃないかな?と。

アイデアとしてはティップ+長さをお好みに調整した1&Half で7’6’’~8’に。

あるいはまず4等分し、バットは半分だけ使用して7’ぐらいの3pcに。

短めのヘビーウエイト、なかなかそういうロッドってこの頃ないんですよね。
そして最近のグラファイトと違い、80年代ぐらいのはブランクに厚みが有りローモデュラスで粘りがあります。重いフライを重いラインでユルっとキャストするにはぴったりなんです。
グラスも良いんですけど高番手はそれなりに重くなりますし、あそこまでユルユルなのもちょっと…という方もいらっしゃいますよね。

今回このリメイク、素材となるロッドの代金コミで33000円(ロッドバッグ付属)です。
グリップ形状、ファイティングバット、ガイドの種類(シングル、スネーク、SICは別途加算)ガイドラッピングの色、バットの文字(フォントあるいはご指定の図柄)、いろいろお好みでカスタム可能です。

お問い合わせご注文はこちらから

お名前 your name

メールアドレス your email

ご注文 Orderingお問い合わせ Inquiryその他 Other
ZaccoSuperfineデモレンタルBH763-4デモレンタル
■ デモロッドのレンタルには往復送料をご負担いただきます。
 * レンタル料金には宅急便コレクトをご利用いただけません。

■ ご購入頂いた場合は送料分を割引いたします。

題名 Subject

お問い合わせ内容 Inquiry

ご注文の場合はモデル名、仕様などをご記入下さい

ご注文の場合は送料確定のためお送り先・お電話番号をご記入ください

NEWS, 作業日記 Rod making

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ