フェルール折れのリペア(フェラライト→スピゴット)

3月 4, 2018 //

 

今回はメスフェールとオスフェルールの接点で折れてしまったフェンウイックの補修。

長く使っているとどうしてもここが弱りますね、素材の疲労とも言えるので仕方ないと思います。

 

お客様と相談した結果、多少ショートしても修理して使いたいとの事で修理方法をいくつか考えてみました。

A 折れたメスフェルールの上からスリーブをかぶせて補強

B ティップセクションとバットセクションの直径が同じになる位置を見つけてスピゴットフェルールでつなぐ(かなり短くなる)

C なるべく全長を変えずにスピゴットフェルールでつなぐ

 

B の方法でつなごうとするとバットセクション先端から25㎝ほども離れてしまい長さが変わりすぎるので却下、C案で進めることに。元々がスリップオーバー式なのでティップ側の内径が大きい、そこでメスフェルールの内側に一回り細いブランク片を接着してオスフェルールに合うよう調整

あとはオリジナルに似せてラッピングしてエポキシをコート。
問題なく繋げられるようになったのでキャストを試してみたところ全く問題なし。
古いロッドですがとてもキャストしやすく釣り味の良さそうなアクションでした。
今回の費用はガイドの移設が無かったので5800円でした。

 

 

 

 

作業日記 Rod making, 修理 リペア

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ