中通しボディーのポッパー

4月 23, 2018 //

数年前から大型のストリーマーやポッパーには中通し方式を使っています。

フックとボディーを別々にすることで組み合わせのバリエーションが広がるし、収納もかさ張らずフライボックスも不要で何かと便利です。ボディーは100キンで売っているようなビニル製のパースに入れればいいしフックはピルケースなどに入れて数種類を持ち歩けます。

またPVCチューブをボディとフックの間に挟むことでフックの位置を調整したり、チューブにドレッシングを施すことでフライ全体のボリュームを増したりもできます。

あとフォームボディとフック一体型のフライは魚が掛かった時に暴れて壊れることが結構ありますがこの方式だとあまり衝撃が加わらないので壊れにくいです。

通常のポッパーはゲイプがブラ下がることで姿勢を維持しますが、これの場合はボディそのもののバランスで姿勢を維持します。なので中通しパイプの角度をいろいろ工夫してみると良いです。
あるいはある程度自由に動いてしまう事が別の効果を生み出すかもしれませんね。

画像のボディーは市販のフォームボディにアワビシートとレザーアイを貼り付けてマジックで着色、UVレジンで固めて完成です。こういうフライは作るのも楽しいですよね!

 

Fishin'Log, Fresh Water, Salt Water

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ