サイトで狙うニゴイはかなり面白い

7月 11, 2018 //

またまたニゴイのネタです。

他の魚を狙っていてニゴイが釣れてしまえばただの外道ですが、浅い場所へ餌を探しに来ているニゴイを狙って釣るのはそれなりに面白く、それほど簡単でもなく、何をやっても釣れてくるというほどバカな魚でもなく立派なターゲットと言えます。

水深15㎝もあれば50㎝オーバーのニゴイがやってきますが丸見えだけに警戒心が強く、適切な距離を保たないとロッドを振っただけで逃げてしまいます。リーダーやラインで水面を叩けばやっぱり逃げてしまうし、あまりに近くにフライを落とせばポチャンという音でやはり逃げてしまう。思いのほか神経質な釣りです。そして塩梅良くヒットすればしばしリールファイトを楽しめるワケです。なるべく遠くから正確に、ソフトな着水でプレゼンテーションすればヒット率は格段にUPします。この感じ、南の島のFFに通づる所もあります。

いろいろ試してみたけどサイトで楽しむ場合は画像のようなフライ(フックサイズ#8)が好反応でした。
これと同じでなくてもモスグリーン、ブラウン、ブラックなどダーク系で少ない動きでひらひらと良くアクションするリーチタイプのフライが良いみたいです。
水深が有って魚が見つけられない場合は適当にキャストしてストップ&ゴーを繰り返すのもありです。結構遠くからでもフライを見つけるようで、いきなり突進してきてビックリすることもあります。

Fishin'Log, Fresh Water, Zacco

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ