ブルーヘロン カスタムロッド

GlassGeek 6’1” 6pc #2‐3

12月 9, 2018 //

今回製作したのは源流志向の方のオーダーで6’1”の6pc 2‐3番。
このようなショートレングスこそグラスならではのしなやかさが生かされます。
源流や藪沢ではほとんどラインを出さないキャストが中心になりますので、そのちょこっとしか出ていないラインのわずかなパワーを100%活かせるアクションとごく近距離で魚が飛び出したときにとっさにアワセてもアワセ切れしないしなやかなティップが有利となります。

また今回のこのロッドは6pcで仕舞い寸法31㎝、これならバックパックの中にスペアで入れておける長さです。
特に何時間も歩いてポイントに行くような方にはスペアロッド無しという事は考えられませんから、もしもの時に、あるいはメインとしても活用できるこういったロッドがあると心強いと思います。

画像のロッドはオーナーのご要望によりチタンフレームのSICガイド仕様(+6000)になっています。

このシリーズは基本スピゴットフェルールですがティップセクションのみ内径の都合でスリップオーバーになります。

4′ 1pcから6pc 7’9”までご要望に応じて製作しております。

Glass Geek

FiberGlass, Rods, Shop, 作業日記 Rod making

フィンランド発 HALDINのブランク取り扱いします

フィンランド発のHALDIN グラスブランクを取扱い開始いたしました! 7’の3番と8’6”の8番まぁよくあるスペックですが5番の7’と 7番の8’はユニークです。 バス~

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに