BlueHeron カスタム フライロッド

2019 NEW MODEL

1月 2, 2019 //

この頃、と言ってもかれこれ5年ぐらい前から感じている事ですが、かなりトラウト寄りだったフライフイッシング業界はソルトからコイ科の魚、近所の小魚までターゲットを広げて、より間口を広げてきていますね。これは良い傾向だと思います。

またフライフイッシングの敷居を高めにしてきた要素の一つ「キャスティングの難しさ」、これもショートヘッドのライン、シューティングスペイ等の普及でより取っ掛かりやすいものになってきた感があります。

BlueHeronとしてもそのあたりを意識したロッドを新たに設計いたしました。
もとより自分自身がトラウト一辺倒でもなく、どちらかというとバス、ソルト、オイカワ等のZaccoをメインにしてきましたのでこのタイプのロッドはずいぶんと前から製作してきました。

ラミグラスのスピン用6’6”グラスブランクをバスロッドに仕立てたBBM6678をお持ちの方もいらっしゃると思います。グラスで中番手、ショートロッドというのはかなり以前から手掛けていたジャンルですので得意分野とも言えます。

グラスならではしなやかさにしっかりしたバット、これまで通りのオーバーキャストでもバックキャスト1回のシューティングでも快適なキャストを楽しんでいただけます。

6’6” – 7’7” あたりまでお好みのレングスで製作いたします。ブランクの都合により4pcまたは2pcの構成です。ブランクのみの販売も致します。

2pc 35600JPY /288.00USD  BLANKS 14600JPY / 130.00USD
4pc 38200JPY /310.00USD  BLANKS 16800JPY / 150.00USD
* 4pcモデルにはハードケース(¥3800)をご用意できます

 

FiberGlass, NEWS, Shop, 作業日記 Rod making

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、