GlassGeek 7’6” とBHC7’4” 6pc

2月 5, 2019 //

GlassGeek 7’6” #3-4とBHC7’4”#2-3 いずれも6pcです。

GlassGeekのほうはこの番手のグラスとしてはやや長めの7’6‘’で若干ゆったりとしたアクション。

BHCのほうは源流域のイワナ用にドライフライがメインという事で水切り動作やピンポット狙いのしやすい先調子+胴調子の2段アクションになっています。

 

 

Tags: , , , , , 作業日記

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、