BlueHeron カスタム フライロッド

フライの雑誌 オイカワ・カワムツのフライフイッシング

4月 7, 2019 //

この頃はオイカワ等の雑魚FF人気も上昇してきたのか、大手からバンブーロッドビルダーまで0番1番と言ったモデルを投入してきていますね。

超低番手のロッドを製作し始めてすでに20年以上、このジャンルには当方も微力ながら貢献してると思います。
実際のところお問い合わせや注文は他の大手メーカーのをいろいろ探したり試したりしたけどまだ物足りなくてコチラに辿り着きました・・・という方がほとんどです。

あとは「オイカワからフライを始めたい」という方のお問い合わせが多いですよ。
これものすごく重要です。

いつでも短時間でもすぐに出来て生活の中に無理なく組み込めるフライフイッシング、それがオイカワなどの雑魚FFです。その先に広げたい人は海でもなんでもどんどん広げて行けばいいわけです。

まず入り口で挫折して欲しくない、という思いがあります。

これはオイカワなどの身近な雑魚をメイン対象にしたロッドを作り始めてから一貫して変わりません。

 

〈オイカワ/カワムツのフライフィッシングの本〉を出版しても大丈夫でしょうか。

Tags: , , , , , , , , Kind of thougts, NEWS

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、