BlueHeron カスタム フライロッド

HALDIN 7ft5番 組んでみました!

5月 3, 2019 //

先日到着したHALDINブランクからさっそく5番の7ftを組んでみました。

基本的な仕上げの仕様は各ガイドに黒の縁取り、上質コルク(形状はお好みで)ウッドまたはバンブーのダウンロックスケルトン(シルバー、ブラック、コパー)

組みあがってテストキャストしてみたところごく一般的なWF5Fではやや軽く感じられました。6番でもイケると思います。がしかし、ここ最近のラインはヘッド部分が短めの重めになっておりクイックロードを特徴としています。これラインメーカーこぞって同じ傾向にあり、従来のように何度もフォルスキャストを繰り返して延ばすというよりは一度後ろに振り上げて(あるいは水面でDループを作って)一気にシュートするやり方をメインに考えられているようです。

そこで当方としてはSAでしたらSupraExpressまたはOH/D、Airfloなら40+、あと日本ではあまり流通していませんがVisionのVive85との組み合わせを推奨いたします。クイックなアクションにはクイックロードのラインが合うという事ですね。HALDIN57は7ftという長さからは想像できないような投射能力があり鋭いループを矢のように遠くまで放ちます。しかもたった1セットのフォルスキャストで!

これはキャストが楽しくなるロッドです。例として5番7ftにはSupraExpressの5/6を組み合わせてみてください。素晴らしくスピードとパワーのあるループが弾かれたかのように飛んでいきますよ。
ぜひご検討してみてください。

HALDIN

Tags: , , , , , Fishin'Log

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、