BlueHeron カスタム フライロッド

今年2回目の河口湖

5月 21, 2019 //

今年に入って2回目の河口湖です。
前回はバスの反応が悪く、新作1番ロッドでギルと遊んで終わってしまったのですが、今回は真面目にバスを狙ってみました!

午後3時ごろにポイント到着、この頃にわかにハマりはじめたスカジットのシステムで釣ってみたかったので強風にもめげず1時間ほどキャストを繰り返しましたが何の反応も無し。
家を出る頃には夏のような陽気でコレは今日は間違いない!と出撃したわけですが現地に着いてみると曇りで強風、体感温度12度ぐらい。半袖Tシャツ1枚でブルブルしながらロッドを振っていました。

ちちなみに試作中の10’ 5番ロッドにラインはRioのSkagitMax、これがとても楽にキャスト出来るし、重いヘッドのおかげで大きなフライもしっかり運べます。超オススメ!!ロッド含めたシステムに関しては追々ページを作ろうと思っています。

で、頑張るもむなしく反応が無いので一旦車に戻って上着を羽織り、これまた新作のHALDIN 7’の5番に持ち替えて再度ポイントに立ちました。このロッドは5番とはいうものの結構パワーが有ります。
スープラEXなどのヘッド短め重めなラインとの相性が抜群。5番のグラスとは思えないパンチとスピードのあるキャストでタイトなアプローチが可能です。個人的にはEpicよりCTSとかこのHALDINのほうが好きですね~。

駆け上がりをトレースしたりポッパー系で誘ってみたりしましたが反応なし、フォックスファーで作ったレジンヘッドのミノウで係留してある船の周辺に探りを入れるとドン!と重くなりそのままファイトに突入。60㎝ぐらいしか水深は無いのに全く姿を見せません。コイかな?と思いながらも慎重にファイトを続けたら上がってきたのは50㎝程もあるデブデブなバスでした!コレが釣りたかった!

HALDINのロッド、とても使いやすいですよ~
バスギルライトソルト全部兼用で7’の5番いかがでしょうか?
来月奄美に行くのでそこでも使ってみようと思います。

HALDIN

 

 

Tags: , , , , Fishin'Log, Fresh Water

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、