身近に楽しめるコイ科の魚たちイロイロ

5月 25, 2019 //

雑魚というとコイ科のせいぜい20㎝ぐらいまでの魚をイメージしますよね。
しかし同じ場所にいることの多いコイ、ニゴイも含めるとそのサイズはずいぶんと大きくなります。

ただいま準備中の8’ 1番に0.6号のティペットでもやり取り次第ではこんなサイズの魚をキャッチできますよ。

Tags: , , , , , , , Fishin'Log, Fresh Water, Zacco

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、

フィンランド発 HALDINのブランク取り扱いします

フィンランド発のHALDIN グラスブランクを取扱い開始いたしました! 7’の3番はよくあるスペックですが5番の7’と 7番&8番の8’はユニークです。 バス~ライトソルトにも良さそうです

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ