BlueHeron カスタム フライロッド

この頃お気に入りのシステム

6月 1, 2019 //

今日もキャス練兼ねて多摩川へ行ってきました。

というのもこの頃スカジット系ヘッドを使ったキャストが楽しくなってしまい、さらに実用的かつ現実的なシステムにたどり着いたからです。
スペイ、スカジットともに割と高番手(8番以上)の大ザオ(13~15ft)がスタンダードとされておりますが、外国で大型サーモンなどを狙う方ならともかく、どうも自分としては大掛かり過ぎてそこら辺の川では現実的に思えなかったのです。

ところがこの頃3~5番クラスのスイッチロッドに短いスカジット用シューティングヘッドという組み合わせで実に軽快な釣りが出来ることを知ってまた一つフライの世界が開けた気がしています。

今回の場合は7’9”の4pc3番にバットセクションを足した5pcのロッドがとても使いやすく実用的。RioのSkagit Scout 180grに6番DTを5mにカットしたティップを繋いでいます。スカジッド、オーバーヘッド、シングルハンドスペイ、どの方法でも使いやすく、対象魚に対して大げさすぎない、ちょうど良い感じです。
ラインパワーとしては6番相当なんだけどロッド自体は3番なので大きなフライを楽に遠くまでキャスト出来て釣り味は3番という好都合な状態になるというわけです。

今日は2時間ほどの釣りで30cmぐらいのスモくんが2匹釣れました。
30㎝と言ってもなかなか底から離れないパワーで釣り応えは抜群でしたよ。


50㎝ぐらいのニゴイも居たんだけど上手く食わせられないまま暗くなってしまって終了。

同様のロッドを製作可能ですので興味お持ちの方はお問い合わせください。

Tags: , , , , Fishin'Log, Fresh Water

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、