BlueHeron カスタム フライロッド

2019 6/18~22奄美 その1

6月 23, 2019 //

今回の奄美まとめ 19日

午後2時奄美着
すぐにレンタカーに乗り込み海の様子を見る。
時間帯的にも潮の引き具合的にもいいカンジだったのですぐにロッドを振ろうと思ったが、まずは手堅い所を先にやってみようという事で湾奥のあんまりきれいとも言えないポイントへ。

時々チヌの姿は見えるが食ってくれずキャストを繰り返していたら40㎝ぐらいのコチが釣れた。その後しばらく頑張ったけどそれっきりで暗くなりかけた頃に太平洋側に移動。もんのすごい風に苦労しながらキャストしてたら地元のおじさんが現れて「ここは祟りが有るので釣りしないほうがいい」とか言うので名瀬に向かって移動。ジョイフルで夕食を済ませ名瀬港へ行って赤くてクサイ魚と遊びました。

その後やることも無いのでチンタラと南部へ移動。
前半2日は車中泊のつもりだったので漁港などに車を停めて寝ようとするがとてつもない暴風雨で寝られるワケない。

リーフの釣りが出来るチャンスは結局この日だけだったので湾奥で粘らずにコチ釣った後すぐに土盛海岸辺りに戻ればよかった、と爆風に車ごと揺さぶられながら後悔。
でもマゴチをフライで釣ったのは初めてだったのでヨシとしよう(^_^;)

今回は初めてLCCというのを使ってみました。
バニラエアでなんと片道1980円ですよ!まぁ座席指定とか受託荷物料金を足すと結局往復で13920円になったんですがそれでもこの値段は安いですよね。今回フローターも持って行って荷物が重かったため5キロ追加して往復で2000円プラスになっていますが、座席指定もせず受託荷物も無ければホントに3980円でイケちゃうわけですよ。狭いシートでも2時間ぐらいなら我慢すればいいし次はもっと荷物を減らして行こうかな~。

 

Tags: , , , , Fishin'Log, Salt Water

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、