BlueHeron カスタム フライロッド

2019 6/18~22奄美 その2

6月 25, 2019 //

今回の奄美まとめ 19日

暴風雨に車ごと揺さぶられながら明け方の3時間ぐらいだけウトウトして目が覚めたら昨夜の豪雨が嘘だったかのように快晴!!なワケはなく相変わらずの土砂降り。

住用界隈のポイントを見て回るうちに多少でも小降りにならないかと期待したがますます酷くなるばかり。そうなるといかにして時間をつぶすか、という考え方をするしか無くなりこの場所から一番遠く、いくらかでも雨雲の薄そうな北部へ向かう事に。

チンタラと40㎞ぐらいで(島の人たちはそれぐらいが普通)58号線を北上。途中またビックⅡに寄って昼食。このホームセンターにはなぜか定食屋が有るのだ。しかもリーズナブルで美味い!侮るなかれオススメです。ナンコツと豆腐の炒め物がウマイ。食後は隣のブルーシールでアイスを買ってペロペロしながら手花部まで移動。

お気に入りのポイントに到着し海を見ていたら突風でパタンと倒れるという人生初の経験をした。

2時ごろちょっとだけ雨が収まったのでもうカッパも着ずにキャスト。20㎝ぐらいのコトヒキが釣れました。ありがたや~

コトヒキって海の雑魚的な扱いなんだろうけど僕は結構好きです。大きいのは30㎝ぐらいになるしキュンキュン良く引きます。

 

夕方になりもう車中泊は無理と判断。名瀬のビックマリンを予約。4時ごろにはホテルに着いてひと眠りしたら雨は止んでいた。どうやら夕方の寝てる間だけは雨が止んでいたらしい。

なぜそのタイミングで寝るのか(-_-;)

また赤くてクサイ魚を釣ろうと思って港まで歩いて行ったらなぜかぜんぜん居なくなっていてネンブツダイしか釣れない。
すぐにホテルへ戻ってまた寝てしまいました。

Tags: , , , Fishin'Log, Salt Water

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、