BlueHeron カスタム フライロッド

2019 6/18~22奄美 その3

7月 3, 2019 //

名瀬港のホテルビックマリンで4時には起床。カーテンを開けると晴れてはいないものの雨は降っていなかった。当初3日目は北部の太平洋側をやる予定だったのだが前日が暴風雨でほとんど釣りにならなかったため再度、住用マングローブ方面へ。

まずは内海という汽水地域でロッドを振ってみるがたまに見かける魚はボラぐらいで反応なし。すぐにマングローブへ移動して魚を探すがまだ満潮状態で水面にも動きなし。何匹かチヌを見つけられたがフライには見向きもしない。この場所でフローターをやるためにわざわざ持って来たんだけどイマイチ気が乗らないのでその場所を後にして古仁屋方面へ。(というか、漠然と走り始めたらUターンする場所もなくどんどん行かされたカンジ) 車を走らせながら目に付いた川でオオクチユゴイを狙ってみることに。

これが大正解でかなりの数のユゴイをキャッチできました。
最大でも25㎝程度なんだけどきれいな川でバンバン反応してくる魚と遊ぶのはやはり楽しいですね。普段アップストリームのドライフライはぜんぜんやらないのに南の島に行ってそれをやっているのが不思議でした。

昼になり古仁屋の町で食事をしたり港を見物して写真を撮ったりしていたらもう午後3時。チェックインのためにまた北部に戻らねばならない・・・と思いながらもまた別の川でユゴイ狙い。そしたら宿のオーナーから電話が掛かってきて「あのぉ・・・チェックイン3時ってお聞きしてたんですがいまどちらですか?」と言われ慌てて北部へ戻ることに。

やっと晴れたその日のベストタイムをただ移動で費やすとは何たる失敗(-_-;)・・・と悔やみながら宿に着くともう5時。荷物を部屋に放り込みさっそく宿のすぐ横を流れる川へ。やはりそこでもユゴイが好反応。ポツポツと釣りながら下っていくと川はいつの間にか海になっていました。なにやら大きめの魚が動いていましたが手に持っているのは7’の3番とドライフライ。まぁ明日やってみるか、と宿に戻りました。
(そしてこの時たぶんどこかにロッドを置き忘れた)

今思えば古仁屋でユゴイ数匹釣ったら住用へ戻ってフローターをやるか、さっさと北部へ戻って太平洋側をやるべきだった(-_-;)

今回利用した宿は秋名という集落に有るGAMA屋。
新しく清潔で別荘のように使える、釣り人にはバッチリの宿です。宿のすぐ横の川でもオオクチユゴイ、チヌが狙えます。近くの港でも夜釣りも楽しめます。
https://e-akina.com/stay/gamaya/

Tags: , , , Fishin'Log, Salt Water

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、