BlueHeron カスタム フライロッド

夏のおすすめフライ

7月 14, 2019 //

ムースをレッグとして取り付けたパターン。
自分としてはいつでも使える安定のフライです。
ミッジサイズでもそんなに小さいハックルを必要としません。

ハックルはシャンク中央に隙間を大きめにし、3回ほど巻いて上下をカット。
フロータントなしでもよく浮くし、水面にできる窪みがなかなか虫っぽいです。
背中にメタリックなフィルムを被せて小型甲虫やハエのイメージにもなります。

 

 

Tags: , Fly Tying

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、