BlueHeron カスタム フライロッド

北海道MA様からお便り

7月 14, 2019 //

先日ZaccoSTをご購入いただいた北海道のMA様から写真を頂きました。

ご注文頂いた当初、北海道にこんな弱いロッドで釣るような魚がいるの?と思ったのですがオショロコマの20㎝ぐらいのからイワナの40㎝あたりまでスリリングに楽しんでいただけたようです。

私自身もZaccoに限らず遠投を必要としないようなほとんどの渓流ではたいてい7’前後のZaccoSTを使っています。使用するフライも小さいし、繊細であれば一段細いティペットを使う事も出来ますので何かと有利ですね。

 

その後、無事ロッドが届きまして今シーズンの釣りを満喫しております。
北海道の地に不釣り合いとも思える繊細なロッドでどんな魚を釣っているのか?ということで
実際の写真を添付します。

小渓流でこんな感じの魚たち相手に楽しんでおりますが、そこは北海道ということで、場所によってはこんなサイズも・・・
確か40cm弱だったと思いますがグリップの中まで曲がっているのが感じられてこれはこれで楽しめました。(なかなか上がってきませんでしたが。。。)

北海道 MA様より

Tags: , , , , , , , , , Catch of Owners

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、