ソリッドティップとトップガイド

8月 31, 2019 //

FUJIのステンレスSIC LOT5㎜ 0.11g
一番小さいワイヤトップ 0.24g
FUJIのチタンSIC TLFT 0.05g

当方で製作しているZacco用ソリッドティップのロッドにはFUJIのLOTというトップガイドを使っています。SICリングがフライロッドっぽくないから嫌だとか言う人もいますがあの細くしなやかなティップには極力軽いトップガイドを付けたいのです。そうじゃないとほんとにガイドの重さだけでピュンピュンしてしまいます。さらにこだわりの方は価格が4倍ぐらい(といっても800~1000円ぐらい?)のチタンパイプSICをご指定されます。

0.11と0.05の差でさえ明らかに違うと感じられるのに「見た目を重視して」0.24gもある(しかもパイプ内径が0.7㎜なんて細いのは無い)ワイヤ式を付けようなんて気にはなれません。3番ぐらいでチューブラのカーボンならそんなに気にならないかもしれないけど。この細さでソリッドでは影響極大なのです。

FUJI TLFT

最も細いワイヤガイド

FUJI LOT

作業日記

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、