BlueHeron カスタム フライロッド

会津大川イベント後記

10月 16, 2019 //

去る10/6 会津大川にてRedRock塾イベントが開催されました。
ワタクシもお声掛けいただきブースを出させていただきましたが当日は岩井さん、国見さん、渡辺さんと著名なタイヤーさん方も参加されてなかなかの盛況でした。

新作Rio-Claro Clave Haldin等を多くの方々に試投して頂き、高評価が聞けたことは大きな収穫です。
またその場で何本かオーダーも頂戴いたしました。

開催中に何度か抜け出して会場前の川でRio-Claroを振ってみました。
前日にけっこう攻められたのかなかなか反応は渋かったですが50㎝クラスのニジを運良くキャッチ。
1-2番ロッドでありながらこのサイズと難なく渡り合うことができました。この時の使用ラインはBarrioのWF2Fでしたが例えばSupraEX3/4のようなヘッドの重いラインを使ってDループのキャストも好印象でした。ちなみにティペットは0.6号。流れの中から50㎝クラスを引き出せるしっかりしたバットと細いティペットを切らせないしなやかなティップのなせる業です。

Tags: , , , , , , , Fishin'Log, Fresh Water, Trout

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、