BlueHeron カスタム フライロッド

GlassGeekに00~2番のソフトティップとミドルウエイトを追加

11月 5, 2019 //

好評のGlassGeekシリーズの選択肢に更にしなやかでソフトなブランクを追加しました!

管理釣り場などでのスリリングなゲーム、オフシーズンのオイカワなど繊細な釣りを楽しむための一段とソフトなティップ用ブランクを作りました。
同じ1~2番でもキャスト性能寄りのアクションとしなやかさ重視、釣り味重視のアクションを選べます。

ティップ、バット共に1200㎜の長さ(直径の重なり部分100mm)がありますのでそれをどう分割するかの組み合わせで様々なバリエーションを作り出すことができます。

最もシンプルな例として2pcなら7’9”ぐらいの長さになります。

4pcの場合 1セクション55~60㎝ 7’3”~7’10
3pc 5’5”~5’10’’
6pc 1セクション 35~40㎝ 6’10”~7’10”
5pc 5’9”~ 6’6”

このようにいろいろなパターンが考えられます。源流志向の方にも使いやすい長さではないでしょうか。

 

またBass, Light Salt用に短めの6~8番クラスもご用意いたしました!

 

 

価格等、GlassGeekの詳細はこちら ↓

Glass Geek

NEWS, Rods

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、