Blue Heron Custom


 Blue Heron Custom


BHZacco

■ Blue Heron Customには特定のモデルというものがありません。

様々なブランクのストックから主に000番の超低番手~3番ぐらいまでのロッドを製作しております。
ありきたりな市販のロッドでは物足りないお客様から沢山のご支持を頂いているZaccoモデルをはじめ、日本の渓流魚をスリリングに楽しめるライトラインロッドからダブルハンドまでさまざまなロッドをカスタムビルドしています。

■ 完成済みのロッドはBlue Heron Rod Stocksでブログ形式にてご紹介しています。

* 現状はオーダーをこなしていくのに手一杯のところがありますのでなかなかストックが作れていません。こちらを参考にロッドの仕様を検討の上、フォームよりお問い合わせください。

■ お望みのロッドがストックに無い場合ご要望をお聞きして製作いたします

* バットにお好みの文字を入れてデカールを製作したり、スレッドの色やグリップのサイズを指定したりハイグレードなパーツをしつらえる事も可能です。

2015-11-14 09.43.15

2015-11-14 09.42.57

■ 価格

* BHC/Zaccoシリーズはすべてカスタムオーダーの1点物。世界に1本、あなただけのロッドです。
* ご注文に応じてある程度のアクション・バリエーションにお応えします。
* 6’~9’6” 2pc~8pc ある程度自由に長さを選べます。

標準的な仕様のシングルハンドの場合


6’0” ~ 7’6”  2pc~ ¥18800~
7’7” ~ 8’0” 2pc~ ¥20600~
8’1” ~ 8’6” 3pc~ ¥21800~
8’6” ~ 9’6” 4pc~ ¥23600~

■ それぞれセクションが1ピース増えるごとに¥1200の加算
■ すべてロッドバッグ付属

例1:  7’6” 6pc 18800+(1200X4)=¥23600(オールコルクグリップ アルミ製シート金具仕様)

例2:  7’11” 5pc  20600+(1200X3)+2000(ハイグレードコルク)+2000(ニッケルシルバー金具)=¥28200

例3:  8’3”  6pc 21800+(1200X4)+2000(ウッドスペーサー&アルミ製シート金具仕様)=¥28600

■ こちらの販売済みロッドを仕様のご参考にしていただくと分かりやすいかと思います。

* 販売済みロッドに表示されている価格は数年前のものです。現在の価格とは差異があります。

 


■ Blue Heron Custom ST


ソリッドカーボンをティップに採用した超マニア向けのとても繊細なロッドです。

ガイドは細ワイヤ、アルミ製シート金具、上質コルクのシート一体型グリップ、クロスバッグ付属

3pc 19800円 / 4pc 21600円 / 5pc 22800円 / 6pc 24000円

詳細はこちらのページをご覧ください

 

カスタムロッド オーダー指示手順の例

①  番手 長さ 継数 を決める
* 長さに関してはなかなかご要望の長さぴったりとはいかないのが現状です。多少の誤差は大目に見てください。

② アクションの傾向、対象魚の大きさ、ファースト、ミディアム、スロー、ドライ向き、ウエット向きなど
* 同じ1番でも渓魚用とオイカワ用では調子、パワーが全く異なります。

③ グリップの形状 コルクの質 (ハイグレードは+2000)

当方では全てのロッドグリップをコルクリングから削って製作しております。

■ 参考画像などいただければそれに近い形にシェイプします。

DSC_0148

上から順に

1 ショートハーフウエル+アルミ・ブラック
2 ショートシガー + アルミ・シルバー
3 シガー +アルミ・ネイビー
4 キャンドル(リッツ)+メイプルウッド+アルミ・シャンパン
5 ショートシガー(リング&リング)
6 シガー+ココボロウッド+ニッケルシルバーポケット&リング

④ リールシートのタイプ
普及品ウッドスペーサー+2000 銘木ウッドスペーサー+3000
ニッケルシルバーリング&ポケット+2500
(ニッケルシルバーは黒染めも可)
*0~3番ロッドの標準仕様はグリップとシートが一体型コルクにアルミ製ポケット&リング
(アルミ金具はシルバーまたはブラック)
*リング&リングの場合、パーツ及び工程の都合により+2000とさせていただきます。

⑤ ラッピングカラーの色
(透ける透けないもご指定ください。 飾り巻きフルトリムは+3000)
⑥ フックキーパーの有無
⑦ バットセクションに入れる文字 
(オーナーネームなどプリンターで作成します)
⑧ ハードケース(2600円)の要不要
(4pc 7’6”まで入ります。 ロッドバッグは付属)

■ 正式にご注文の際はお名前、お送り先などをご連絡ください。お問い合わせ段階では結構です。

■ お支払いは「完成のお知らせメールの後」にお願いいたします。
(先にお振込みいただくと長く待たせてしまった場合に心苦しいので)



■ ロッドケース(ロッドの同時購入の場合 3800>2600円に値引き)はこちらにご用意しています。

■ ご注文方法、価格に関してのさらに詳細な説明はこちらをご覧下さい。

Blue Heron Customには特定のモデルというものがありません。
製作者の趣味を反映して0~3番というライトラインクラスを中心に2pc~マルチピースのロッドを創っています。
私の意図する繊細なロッドというのは20cmにも満たない魚を相手にしても十分に楽しめるロッドです。
同じ1番でも50cmのマスをランディングできるようなパワーがあってはもはや意味がありません。
そういうロッドなら海外メーカーから良いものが数種類出ておりますからわざわざ作る必要も無い訳です。

私が作るロッドはマルチピースが多いですがこれはもちろん携帯性を求めてのことではありません。
同じブランクを使って4pcと5pcの同じ長さのロッドを作った場合、5pcのほうがスローになります。
4pcよりもテーパーの繰り返し部分が増えるため結果的にスローになるというわけです。
この考え方が私のロッド作りの基本となっています。
これに加えてブランクの厚み、モヂュラス数の違い、あるいはグラスコンポジットなど素材の違いを組み合わせていく事でさまざまなバリエーションを作ることが出来ます。

もっとスローなアクションに、と要望されてティップを強くする事もあります。
ティップが強くなればその分、ミッドにかかるプレッシャーが強くなりますから結果的にスローになると言うわけです。
またティップに関してはそれ自体の重さがすごく重要です。ティップに対するミッドの保持力と言い換えてもいいかもしれません。これは軽快さとかキャストの正確さに大きく影響する要素です。

私の場合はこういう事を数値に置き換えてデータ化するといったようなマメさはないので経験と感覚だけでやっています。例えるなら音楽や絵を創作するように思いつくがまま作っています。
後々になって同じものを作れない事と修理が難しい場合があるのが難点です。
その代わり世界に1本しかないロッドを作る事は出来ます。


お名前 your name

メールアドレス your email

ご注文 Orderingお問い合わせ Inquiryその他 Other
ZaccoSuperfineデモレンタルBH763-4デモレンタル
■ デモロッドのレンタルにはハコBOON往復送料をご負担いただきます。
■ ご購入頂いた場合は送料分を割引いたします。

題名 Subject

お問い合わせ内容 Inquiry

ご注文の場合はモデル名、仕様などをご記入下さい

ご注文の場合は送料確定のためお送り先・お電話番号をご記入ください

■ For visitors from overseas : I do ship internationally.any questions please ask.
* shipping cost to US and UK around $20.00 W/insurance. shipped in a protective PVC tube.
■ Rod price range is $230.00(4pc) to $255.00(6pc) Hand sawn rod bag included
■ Higher glade cork +$25.00 Nickle Silver hardwear +$27.00
■ Any letters and simbols on butt section by your request.
* i.e : ” your name special ” ” Favorite river Special ” with no additional fee.

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

ラインの接続方法とDTを使ったシューティングシステムのメリット

元がブルーだったとは思えないほどキタナくなっているWF5Fのライン。 もう15年以上前にキャベラスで買ったCLIMAXのラインなんだけど(たぶん製造はコートランド?)とてもノリが掴みやすく自分的には最も使いやすい5番ライ

ZaccoFryFishingへの道 

『なぜZaccoFlyFishingに傾倒したのか?』 http://mattoutouseyo.blog.fc2.com/blog-entry-155.html   当BlueHeronには何かとご協力いただ