Tag Archive

会津大川イベント後記

会津大川イベント後記

10月 16, 2019 No Comments

去る10/6 会津大川にてRedRock塾イベントが開催されました。 ワタクシもお声掛けいただきブースを出させていただきましたが当日は岩井さん、国見さん、渡辺さんと著名なタイヤーさん方も参加されてなかなかの盛況でした。 […]

新製品プロモセール!

新製品プロモセール!

9月 22, 2019 No Comments

新製品 Clave 763-4 と Rio-Claro 8012-4 プロモーション特別価格でそれぞれ10本限り Clave 31000>28000円 Rio-Claro 29600>26600円 上記特別価格で販売させ […]

NEWモデル Rio-Claro ブランク入荷です!

NEWモデル Rio-Claro ブランク入荷です!

9月 18, 2019 No Comments

Rio-Claroは「清流」 いつまでも綺麗な川で釣りを楽しみたいという願いを込めています。 1-2番というライトウエイトにキャスト性能とファイティングパワーを両立しました。 ロッドブランクとラインの性能向上により昨今は […]

最近の製作状況

最近の製作状況

9月 14, 2019 No Comments

やや立て込んでいた製作もひと段落し、わりとお待たせせずに製作できる状態になっています。 最近作った中で印象的だったのは6’1” 3pc 0番のグラス。 ものすごくパワーの無いティップにややテーパー […]

リメイクでさらに活用できるロッドを

リメイクでさらに活用できるロッドを

7月 7, 2019 No Comments

10年ほど前にご購入いただいたロッドに手を加えて8’6”の6pcと7’の5pcで使い分けられるようにしました。 カチーフさんのブログEasy does it!にてリポート頂きましたので […]

新作1/2番ロッドのテストを兼ねて河口湖のブルーギル

新作1/2番ロッドのテストを兼ねて河口湖のブルーギル

5月 11, 2019 No Comments

昨日5/11日 ひさしぶりに釣りに出かけました。 GW中は混雑を避けて家でじっとしておりましたのでやっとの出撃です。 最近凝り始めたスカジットキャストの練習がてらバスを釣りたかったのですが、バスの反応はさっぱりだったので […]

フライの雑誌 オイカワ・カワムツのフライフイッシング

フライの雑誌 オイカワ・カワムツのフライフイッシング

4月 7, 2019 No Comments

この頃はオイカワ等の雑魚FF人気も上昇してきたのか、大手からバンブーロッドビルダーまで0番1番と言ったモデルを投入してきていますね。 超低番手のロッドを製作し始めてすでに20年以上、このジャンルには当方も微力ながら貢献し […]

GlassGeek 0~3wt クリア塗装のグラスブランクが入荷しました

GlassGeek 0~3wt クリア塗装のグラスブランクが入荷しました

3月 26, 2019 No Comments

これまで白のブランクは自分でウレタン塗装していたのですが仕上がりの質感はやはり工場の物にかないませんので塗装済みで仕入れる事にしました。 これでGlassGeekシリーズはキャラメルブラウンとこのクリアーの2種類からお選 […]

GlassGeek 7’6” とBHC7’4” 6pc

GlassGeek 7’6” とBHC7’4” 6pc

2月 5, 2019 No Comments

GlassGeek 7’6” #3-4とBHC7’4”#2-3 いずれも6pcです。 GlassGeekのほうはこの番手のグラスとしてはやや長めの7’6‘’で若干ゆったりと […]

本年初のハス釣行

本年初のハス釣行

7月 18, 2011 No Comments

7/16 遠方より高校の同級生が遊びに来てくれた。 彼も釣り好きではあるがフライに関しては今ひとつキャスティングに慣れずもっぱらルアーを楽しんでいるとの事。しかしこちらとしては是非フライを楽しんでいただきたい、という訳で […]

TFO 7’3” #2 4pc SOLD

TFO 7’3” #2 4pc SOLD

12月 27, 2010 No Comments

カスタムビルドのTFO レフティー・クレィ フィネスシリーズです。 ここ数年、そのお手頃価格とブランドイメージのよさで結構な人気のTemple Fork Outfitters Lefty Kreh ,Jim Teeny, […]

Tags:

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、