Tag Archive

NEWモデル Rio-Claro ブランク入荷です!

NEWモデル Rio-Claro ブランク入荷です!

9月 18, 2019 No Comments

Rio-Claroは「清流」 いつまでも綺麗な川で釣りを楽しみたいという願いを込めています。 1-2番というライトウエイトにキャスト性能とファイティングパワーを両立しました。 ロッドブランクとラインの性能向上により昨今は […]

最近の製作状況

最近の製作状況

9月 14, 2019 No Comments

やや立て込んでいた製作もひと段落し、わりとお待たせせずに製作できる状態になっています。 最近作った中で印象的だったのは6’1” 3pc 0番のグラス。 ものすごくパワーの無いティップにややテーパー […]

Zacco Special 6’6” 4pc 完成済みロッド[販売済み]

Zacco Special 6’6” 4pc 完成済みロッド[販売済み]

9月 2, 2019 No Comments

■ さっそくご購入頂きました。ありがとうございました。 同様のロッドは製作可能ですのでお問い合わせください。 Order & Inquiry 珍しく完成済みロッドのストックが出来ました。 Zaccoに特化したS […]

GlassGeek 5’6” #3 3pc カスタムビルド

GlassGeek 5’6” #3 3pc カスタムビルド

8月 15, 2019 No Comments

5’6”という短さでもしっかりアクションしてキャストもしやすいのはグラスならではです。 今回のロッドはお客様のご指示によりグリップを削りました。 全長135㎜、一番細い部分は15㎜という小ささ。 […]

北海道MA様からお便り

北海道MA様からお便り

7月 14, 2019 No Comments

先日ZaccoSTをご購入いただいた北海道のMA様から写真を頂きました。 ご注文頂いた当初、北海道にこんな弱いロッドで釣るような魚がいるの?と思ったのですがオショロコマの20㎝ぐらいのからイワナの40㎝あたりまでスリリン […]

フライの雑誌 オイカワ・カワムツのフライフイッシング

フライの雑誌 オイカワ・カワムツのフライフイッシング

4月 7, 2019 No Comments

この頃はオイカワ等の雑魚FF人気も上昇してきたのか、大手からバンブーロッドビルダーまで0番1番と言ったモデルを投入してきていますね。 超低番手のロッドを製作し始めてすでに20年以上、このジャンルには当方も微力ながら貢献し […]

カナダのダリルさん

カナダのダリルさん

4月 4, 2019 No Comments

遠くカナダから何度も注文をリピートしてくれてるダリルさんが画像を送ってくれました。 オイカワみたいな小魚専用かと思ったらけっこう大きな魚にも使ってるようです。 GlassGeekの曲がりかた、美しいカーブですね! Fac […]

GlassGeek 0~3wt クリア塗装のグラスブランクが入荷しました

GlassGeek 0~3wt クリア塗装のグラスブランクが入荷しました

3月 26, 2019 No Comments

これまで白のブランクは自分でウレタン塗装していたのですが仕上がりの質感はやはり工場の物にかないませんので塗装済みで仕入れる事にしました。 これでGlassGeekシリーズはキャラメルブラウンとこのクリアーの2種類からお選 […]

‘ Passport ‘ Ultra Multi Pack

‘ Passport ‘ Ultra Multi Pack

12月 16, 2017 No Comments

お客様からのご要望で製作した超小継マルチセクションのロッドです。 極限のコンパクトさを追求してみました。 グリップまでは分割するわけにいかないので短めでも使いやすい19㎝の仕舞寸法。 今回は11pcで約5’9 […]

BlueHaloがモデルチェンジ!

BlueHaloがモデルチェンジ!

11月 23, 2017 No Comments

BlueHaloがブランクのラインナップを3pcから4pcにシフトしました。   8’の5wtにはスローとファーストがあるのも興味深いです。 また新登場 8’の6番、6番というとほとんどのメーカーが […]

ティペットのお話

フライ用と名打てばナニからナニまで高いと思いませんか? 特に消耗品ではティペット! バスやソルトなら別に太くても食ってくるからさほど神経質にはなりませんが神経質なトラウト、小さなフライを多用するザコ類、どうしてもティペッ

#5~8クラスにオススメのライン

前回のグアム釣行から使っているんですがSAのSupraExpress、これとてもキャストしやすいんです。 3番以下のタックルに求めるのは繊細さだったり、ライトラインでライトロッドを使ってライトな魚の釣り味を楽しむところに

Patagonia Atom Sling bag

以前から欲しいと思っていたパタゴニアのスリングバッグを手に入れたのでご紹介します。 最近モデルチェンジして7L から15Lに大きくなりました。自分としては7Lで事足りるかなぁとも思うんだけど、フライボックスの多い人とか、